【山本先生Blog】今週の指導日記
2018年2月25日
札幌 北海道 空手 山本先生ブログ

札幌・北海道で唯一全日本チャンピオンが指導する空手道場、大誠舘の山本です。

札幌市内にある支部を中心に空手の指導を行なっております。そんな支部の稽古を日記として振り返っていきたいと思います。

火曜日 あいの里支部
B型インフルエンザがまだまだ流行っているようで、3名お休みでした。
空手は大きな声を出して稽古するので、風邪などウィルスが移りやすいので、体調が少しでも悪かったら稽古を休むようにしましょうね。
でも、まずは予防が大事ですので手洗い・うがいを徹底しましょう。

水曜日 ファクトリー支部
初っ端から寝技を実施しました。ファクトリー支部のみんなは本当に寝技が大好きなので上達も早いですね!寝ても立っても身体をいっぱい使って、神経系へドンドン刺激を送り込むような稽古内容なので、1年後2年後の自信の身体の変化(足が早くなったり、運動が得意になったり)を楽しみにしていてね。

金曜日 平岡支部
平岡支部は今週も、寝技を中心に稽古しました。
「三角絞め」という技を教えたけど、中々難しかったよね(汗)次回もやってみるから継続することで技を覚える、身体に染み込ませましょう。そのような経験を積む重ねることで「自身」がつき、良い方向に成長すると思っております!

土曜日 本部道場
宮崎先生が足の指を怪我していたため、17:30からの少年部の指導を実施しました。本部は人数が多いので大きな声も出ていて気持ちがいいですね!基本稽古は正拳中段突き100本!その他、ミットを使って全身を動かすパンチ・チョップ・ジャンプを行うことでみんな息が上がっていたね。
最後は、2チームに分けてラダー競争。全員が全力で参加し、応援しあうことで「協調性」が身につく事を再確認したので、今後の指導に活かしていこうと思いました。

今週も良い稽古が出来たと思いますが一人ひとりに課題も生まれたと思います。その課題を少しでも早く達成できるように今日から頑張っていきましょう!