【山本先生Blog】支部稽古日誌Vol.5
2018年6月21日

札幌・北海道で唯一全日本チャンピオンが指導する空手道場、大誠舘の山本です。

札幌市内にある支部を中心に空手の指導をおこなっております。

子供たちは空手を通じて楽しさや時に悔しさを味わって日々成長しているので、稽古の様子や気づいた点などをお伝えしております!

 
 
 

あいの里の支部!

IMG_4957

前回の審査で紫帯になったこうせい、けいご、ひさしの3人は平安1の型を覚えていますが、最大の難所が手刀受けとなります。
これが中々出来ないひさしはイジけてしまう→見兼ねたよしとが励まして教えてあげています。その後、さくと、ゆうしんも加わって皆んなで教えてあげる流れに自然となりました。
 
僕が指示した訳でもなく、自分から行動を起こしているので、いつもはおちゃらけているけど、優しさやお兄さんの一面を見て感心したシーンでした。
 
自分が教えると言うことは、声に出して伝える事になるので、自らの再認識・再確認となり、結果的には自分のプラスになるので、今後も教える時間も作っていこうと僕自身が気付きました!
 
 

ファクトリー支部!

IMG_4931
IMG_5075
上の写真、花びらみたいで可愛いですねー!お気に入りの一枚です(笑)
最近は、小学生組と未就学児組が分かれて稽古することが多いですね。まずは新しい型を覚える事が目標ですが、ここでも紫帯のゆりあ、こころが手刀受けに苦戦しております。
正直、コツとかは無く何度も何度も繰り返し稽古する事で体に染み込むものですので、回数をこなすのみ!これが勉強に置き換わっても要領は一緒なので、人生の大事な原理原則と捉えて頑張ろう!そして、出来るようになった時は、嬉しさ倍増だし、大きな自信になるはずです。

 
そして、先日はキッズの2人が体験に来てくれました!ハルトの友達でもあり、コナンの幼稚園の同級生でもあるので直ぐに輪に溶け込んでました。
しかも、集中力がしっかりあって大きな声も出てたのでとっても良い稽古になりました〜。
護身や助けを呼ぶ方法など現代社会は空手が必要となる要素がたくさん詰まっているので、楽しむ事を中心に空手を覚えてくれれば嬉しいなーと思ってます。是非とも入会してらほしいですね!
 
 

平岡支部!

IMG_5011
このクラスは上級生も多いし、とてつもなく真面目に稽古を受けるので、僕の要求するレベルも必然的に上がって来ます!
今回は前屈立ちをみっちりやり込みました。空手の基本となる型では、この前屈立ちが上手に出来るか出来ないかでみばえやキレが違って来ますし、何より足腰の鍛錬、姿勢の強化につながるので、空手のみならず自身の身体の為にも大事な様子となります。
もちろん、皆んなしっかりこなしすて、太極1の見栄えが変わりました。
その他、基本稽古や組手でも必ず役に立つので今後も続けて前屈立ちの稽古を取り入れようと思います!少し辛いけど皆んなで頑張ばろう!!
 
 

(おまけ)本部〜!

IMG_4921
毎週木曜日と宮崎先生が不在の土曜日は僕が本部の稽古も指導しております。
やはり、大きな声で元気よく稽古しているので道場が自然と明るく感じますね!上級生になると、声を出すことが恥ずかしかったりしますが、恥ずかしがっている事が恥ずかしいんだぞー。やる時は全力でやる!何事もメリハリつけて取り組むましょう。
そして、支部のみんなも見習って大きな声で明るく楽しく空手の稽古に励むようしてねー!
 
以上、最近の稽古の様子でしたー。次回もお楽しみに〜!