【宮崎先生Blog】昇級審査会開催
2018年4月15日
札幌 北海道 空手 昇級審査会

本日は大誠館本部道場において、今年初めてとなる昇級審査会を開催いたしました。なんと、今回の昇級審査から合格すると、その場で帯、免除をもらえるという新しいシステムを導入いたしました❗

今回の審査には60名近いお子さんが昇級審査に臨んでくれましたので、白帯オレンジ帯の初級クラスと紫帯状の上級コースの2コースに分け、審査会を開催いたしました。

審査員は「こうき先生」「山本先生」「たかずみ先生」そして本日の朝、福岡県から審査会のために飛行機で戻ってきてくれました「田中先生」、そして私の兄であります、心輝会北海道顧問の宮崎先生が特別審査員として入っていただきました。
号令掛けのお手伝いは「しょう先輩」「ゆい先輩」「みれい先輩」が入ってくれました。

昇級審査は毎回そうですが、様々なドラマが生まれます。今回も様々な感動するドラマが生まれました❗一人一人を詳しく説明したいのですが、このブログには限界がありますので、また道場、そして支部で感動ドラマについてのお話をしたいと思います。

先週までは審査に間に合うのかな〜❓審査大丈夫かな〜❓と思っていた子が びっくりするぐらい本番で活躍してました❗
その姿を見ると…あれから家に帰って何回練習したんだろう?…相当頑張ったんだろうな〜…グクっとくるものがありましたね(涙)

今回 6年生になった「ゆうま」には審査前から厳しく言ってました。昨日の時点でも、そのままだったら審査が落ちるぞと❗けど本人は今持ってる力を120%発揮し頑張りました。そして帯と免状が渡された時…目に涙をいっぱい浮かべた、その姿を見た時に感動しました。本当にこの子は心の綺麗ないい子だなと思いましたね…

今回女子部が、かなり活躍していたのですが、平岡支部の「サラ」「カレン」が、びっくりするぐらいの実力を発揮してくれてました✊「カレン」は組手審査の時に一度ボディに入り呼吸が止まり…もうダメかなと思ったのですが、そこから根性を振り絞り最後には大きな気合と気迫で戦い抜きました✊すごかったなぁ〜感動しました。

まだまだ、いっぱいドラマがあるんですよ。また機会を見て詳しく説明してきますね。

そして今日昇級審査に来ていただきましたご父兄の皆様、ご協力本当にありがとうございました。

そして今回審査で合格した子、保留になった子も明日からまた普通の稽古が始まるからね❗審査に受かったからと言って浮かれていちゃだめです❗そして保留になった子は、もう明日からビッチリ稽古開始です✊

今日はみんなにエネルギーもらえて、先生もいっぱ感動した、最高の1日に終わりました✊やっぱり空手って最高ですね〜

最後に寝る間も惜しんで今回の審査の裏方に徹してくれました森さんに感謝管です( ◠‿◠ )